求人を眺める日々から脱却する薬剤師の転職

転職コンサルタントに教えてもらった薬剤師としての新しい働き方

薬剤師として充足しない毎日からの転職 | 薬剤師の転職を斡旋するマッチングサイトのこと | 転職コンサルタントに教えてもらった薬剤師としての新しい働き方

マッチングサイトはいくつもありますが、その人の利用していたものをまずは候補にしてみました。
変化がある仕事ができる職場で働きたいという抽象的な希望を伝えたら困惑されるだろうかと懸念していたものの、そういった希望を出す人も多いのかすぐに病院か企業か、あるいは人材が足りていない薬局かという選択肢を出してもらうことができました。
正直なところ、職場に入ってきた人の経験談が気にかかっていたので病院で働くのが自分に向いているのではないかと考えていたのは確かです。
そのため、病院が良いということを告げましたが、その後のやり取りを経て病院はやめたほうが良いという提案を受けることになりました。
結局は調剤が中心になりやすいからであり、思い切って企業でMRになるのはどうかという提案を受けたのです。
確かに営業職という立場で働くと常に変化があって楽しみ甲斐があるかもしれないと考えられました。
そのときには偶然にも都内に出ればいくつか求人があるという状況だったので順次受けていったところ、三社目で採用を決定してもらうことができて現在に至っています。
忙しさという観点から見れば調剤薬局で働いていた頃よりも忙しく、残業の連日になっているのは確かです。
しかし、同じことを繰り返すような仕事の日々ではなく、自分で前向きにいかにして営業活動を行うかと考えて実践できる環境があることから、仕事を充実させられる転職になったと感じています。